つむじはげを治そう|髪と自信を取り戻せる

薄毛治療の病院の選びかた

医者

皮膚科では、脱毛して薄毛になった原因を探り治療を行っています。抜け毛や薄毛になる原因は様々で治療方法も違ってきます。自己判断せずに皮膚科で診察を受け治療を受けるようにしましょう。特に男性に多い男性型脱毛症の症状には、脱毛を抑制し育毛するための有効な薬が開発されており発毛効果を上げています。

読んでみよう

専門クリニックがおすすめ

髪の毛

東京にはaga治療を専門的に行うクリニックが複数あります。クリニックによっては、独自の治療を行うところもありますので、クリニック選びが非常に大切です。まずは、いくつかのクリニックのカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

読んでみよう

飲む育毛剤を試してみよう

頭を触る男性

AGAが原因で起こる薄毛は、飲む育毛であるプロペシアで治療できます。多くのクリニックで処方しているので、将来はAGAによる薄毛で悩む人は減ると考えられます。プロペシアの特色は、飲んで治療できる育毛剤だという事です。東京では、AGA専門クリニックだけでなく、美容クリニックや皮膚科でも処方しています。

読んでみよう

放置せずに対応しよう

笑顔の男性

確認することから

つむじは気付かないうちに、はげてしまいやすいです。大丈夫だと考えずに、確認してみるとよいです。万が一、つむじはげだとしても慌てる必要はないです。適切に対処すれば、進行を防げます。使っているシャンプーがあっていないか、洗いすぎている可能性があります。洗い方を改善すれば、髪の毛が戻ることがありえます。頭は一日一回洗えば問題なく綺麗になります。何度も洗うと、必要な皮脂までとってしまいます。乾燥状態になると、より多くの皮脂を出すようになるので抜け毛の原因になるといえます。時には、シャンプーを使わずに洗うという方法も試してみるとよいです。つむじはげは、改善できないものではありません。何もしなければ、髪の毛が減りやすいですが正しい対応をすれば、はげにくくできます。

血行を良くしてみる

洗い方を改善しても、つむじはげが良くならないならば血行が悪くなっている可能性があります。つむじの場所は血の流れが悪くなりやすく、そのため必要な栄養素が届きにくいです。洗髪する際に、頭皮のマッサージも行うようにすれば血行が改善されやすいです。また、生活習慣も改善する必要がでてきます。ストレスや睡眠不足になっていれば、血の流れは悪くなることが分かっています。疲れをためないようにしなければいけません。食生活も見直して、脂質が多いものではなく髪の毛に必要な栄養素を中心にとっていけば、問題ないです。つむじはげでも、病院で診てもらうことは可能です。なかなか改善しないなら、専門医に相談するのも有効な手段です。悩みになってからでは遅いです。つむじはげかもしれないと考えたなら、対策を始めてみるとよいです。